犬吠埼ブラントン会ロゴマーク
Home



おしらせ
犬吠埼灯台概要
霧笛について
犬吠埼の自然
オンラインショップ
灯台の壁紙
霧笛舎ペーパークラフト
霧笛CD詳細

犬吠埼ブラントン会






■関連リンク
犬吠埼灯台のすべて
社団法人 燈光会
(灯台アーカイブ)
銚子海上保安部
(犬吠埼灯台情報)
銚子で見られる植物と鳥
Windy softmedia service

霧笛の音 CD


発売中!


CDの販売によって得られた収益金の一部は、霧笛の学術調査などの費用として使われております。
CD内容の詳細

犬吠埼の自然

夏の犬吠埼灯台
夏の犬吠埼

植物

犬吠埼の周辺には海岸固有の植物を多く見ることができます。
中には、高山などで見かけるものの変化したものもあって、長い年月の間に起こった地球的な変化をも感じさせてくれることでしょう。
(非常に希少なものが多いので、高山植物同様に大切に!)
はまさわひよどり 写真
はまさわひよどり
ヒヨドリ草の海岸形で、背丈が低く、葉は丸く肉厚があります。(絶滅危惧種)
高原に多く見られる「ひよどりそう」の海岸形です。
まるばはましゃじん 写真
箱根湿性花園の
ひよどり草
まるばはましゃじん
つりがねにんじんの海岸形です。
はまひるがお 写真
はまひるがお
まんてま 写真
まんてま
ナデシコの一種ですが、遠目には茶色で枯れている様に見えることがあります。
みやこぐさ 写真
みやこぐさ
マメ科の植物で、低い草むらを作り黄色い花をたくさん咲かせます。
はまにがな 写真
はまにがな
砂の中に地下茎を伸ばしています。春から地上に花を咲かせ始め、暑い時期には地上部分が枯れて、また秋に地表に出て花を咲かせます。
たいとごめ 写真
たいとごめ
岩の隙間にたまった少しの土からも生えることが出来る植物です。
葉は米粒のように厚く、たくさんの水分を蓄えています。
黄色い小さな花を咲かせます。
らせいたそう 写真
らせいたそう
葉がざらっとしていて固く、表面に濃いシワがあります。 感触がラシャ紙に似ているのでこの名前が付いたそうです。
はまだいこん 写真
はまだいこん
菜の花のように”さや”にたくさんの種ができます。
さやが筏のような働きをして海を漂流し、たどり着いた陸で弾けて種を撒き散らし、植生領域を増やしているそうです。
つるぼ 写真
つるぼ
はまごう 写真
はまごう
はまぐるま 写真
はまぐるま
葉の表面に細かな棘があり、触るとざらざらして猫の舌のような感触なので、別名「猫の舌」とも呼ばれています。
黒い溶岩の岩の隙間から群生して生えることができます。暑さに強い植物といえるでしょう。
海岸に近いところにある植物は、海からの塩害など、厳しい自然環境に耐えるために、さまざまな特徴を備えています。 葉は肉厚があって固く、触るとざらざらしたり、がさがさしたりする感触のものが多いです。 全体的に背丈は低いものが多いのも特徴といえるでしょう。 こうした厳しい環境に耐えられる植物はそう多くは無いので、ライバルが少ないこの環境を植生場所に選んだのかもしれません。
霧の君ヶ浜から犬吠埼灯台を望む
霧の帆立岩
台風
台風の海
夕暮れ
夕暮れの犬吠埼灯台
犬吠埼灯台と月
月夜
月光に照らされた帆立岩
写真提供 渡辺泰昭(Windy softmedia service)All rights reserved.
犬吠ネットロゴ
犬吠ネットトップ
犬吠埼灯台の霧笛CDはこちらでもお買い求めいただけます。
オンラインショップ
霧笛CDの収益金の一部は、学術調査費用などに充てられます。
©犬吠埼ブラントン会 2008 All rights reserved.